はなこうネットビジネス交流会の第3回定時総会が、市の生涯学習センターまなびぃプラザに於いて5月22日(土)午後5時から加盟会員参加のもと定時総会が開催された。

 司会は、田上 剛氏の進行で進められ、最初に会長の阿部 豊氏から総会開催の挨拶がなされた。

H22年度総会会場 議長を務めた松井氏 総会出席の会員
挨拶される阿部会長 阿部会長より事業活動を報告 事務局の伊東氏より会計報告

 この後、第一部の定時総会に移り、本日の総会の議長選出については参加者全員の賛成により松井頼雄氏が議長に決まった。ついで議事の第一号議案について阿部会長より平成21年度「はなこうネットビジネス交流会」の年間活動について、当日配布された総会資料に基づき説明が行われた。
 この中で、@平成21年度は”はなこうネットのアクセスアップと魅力作りの為にホームページの刷新”を行った事。トップページの変更、『はなこうネット』ロゴマークを新規作成、魅力作りの地域紹介コーナー『ぶらりかまがや』を新設。A知名度アップのためのアンケート形式の販促イベント(懸賞付広告)を昨年11月実施 B会員親睦のため、新年会を実施(会員の事業内容紹介の名簿冊子を作成配布、ホームページのアクセス状況一覧表を作成)した事など報告がなされた。
 決算報告については当会運用責任者の伊東 豊一氏より平成21年度の決算報告(期間:H21年4月1日〜H21年3月31日)がなされた。収入の部合計は835,953円、支出の部は767,162円で時期繰越金は68,791円であった。平成21年度末の会員数は32名、その間の新規加盟会員は4名であった。監査報告については監査役の藤田氏より監査報告がなされた。

 続いて、第2号議案に移り、阿部会長より平成22年度の事業計画(案)の説明並びに収支予算案の説明が行われた。この中で、平成22年度事業計画の大きな方針としては5項目を挙げた。
 @はなこうネットのトップページの魅力作りを行う。
  ・会員のホット情報、セールス情報、求人情報などを掲載する。(無料掲載)
  ・地域紹介コーナーの充実。一般市民より原稿と写真を募集し、掲載をする。月1回の更新目標。
  ・役員会でアクセスアップと魅力アップのための研究を行う。
 A積極的に「はなこうネット」の広報活動強化。
  ・はなこうネエト広報・販促ブッズを作成する。
   ・・はなこうネットPR用ティッシュ、BOXティッシュ等の作成
   ・・はなこうネットPR用名刺及び名刺サイズの広告作成
   ・・ロゴマーク入りの瓦煎餅の作成
  ・販促イベントを実施
  ・会報を年4回 発行(4月、7月、10月、1月)
 B会員交流会を行い、会員相互のヒューマンネットワーク構築を行う。
  ・会員交流会を年3回実施する。
   ・・5月 総会と会員交流会
   ・・11月 講演会(研修会)と会員交流会
   ・・1月 会員交流会(新年会を兼ねる)
 C平成22年度末の会員目目標数は40会員とする。
  ・会員数も当会の魅力の要素であるため、会員を増やす努力を行う。
 D役員会の実施
  ・原則的に毎月第3土曜日の午後7時30分より役員会を実施する。


 新年度事業計画の説明に続いて、平成22年度の収支予算案について説明がなされた。新年度中の新規会員5名の増加を見込み、収入の部は955,791円 支出の部は842,800円でこの内5万円は借入金の返済に充当。予備費として別途112,991円を見込み支出合計は955,791円と説明した。

 ついで、第3号議案に移り、平成22年度 はなこうネットビジネス交流会の役員及び役割分担について説明がなされた。
役員案:会長:阿部 豊、副会長:五十嵐 實、副会長:涌井 三弘、運用責任者(会計・事務局兼任):伊東 豊一、HP管理責任者:川俣 蓁、HPデザイン担当:田上 剛、会員拡大責任者(事務局兼任):松井 頼雄、監査:藤田 次男

 以上で全ての議案説明を終了し、最後に議長の松井氏より議案審議内容について参加者の賛否を問うたところ、全員異議無くこれを承認した。

講師の萩原氏 『相続を知ろう』講演をされる萩原氏

 本年度定時総会についづいて、第二部の講演会を開催した。本日の講師を務めていただく方は、当交流会の会員でもある「萩原経営労務コンサルティングオフィス」の萩原 修社長より、『相続について』の講演が行われた。日本の人口の急速な高齢化に伴い、家長の逝去に伴う残された遺族の間で遺産相続に伴う紛争が発生する事も少無くない。今回の講演では、相続に関する基本的な事項として
@相続の基礎・・・相続財産、遺言、相続のスケジュールなど
A相続対策の仕方・・・現状確認、財産・債務の調査、相続税の資産、遺言の課題・留意点など
いずれも、相続に関する具体的な内容で参加者にとっても、大変参考となった。

 最後に司会の田上氏より閉会の宣言を行い、本日の第3回定時総会を終了した。

  また、総会の後には当日出席された会員相互の交流を深めるため、場所を白井市内の会員のお店「古の珠(このみ)」に移動して、親睦会を執り行った。

会員お店で催された懇親会(乾杯の音頭は五十嵐副会長)