はなこうネットTOP 出店の案内 広告掲載案内 お問い合わせ


   

      

     開発が進む鎌ケ谷でもまだ沢山の自然と緑が残っています。今回は中沢をご一緒に散策してみましょう。

      

     八幡春日神社の森を歩いてみました。 この森は鎌ヶ谷市の天然記念物に指定されており2800坪あまりの
     境内はほぼ平坦で、森林浴を満喫しながの散策におすすめです。(中沢907)  地図

     天児屋命(アメノコヤネノミコト)他を御祭神とされております。天児屋命は中臣氏(藤原氏)の氏神です。
     八幡は源氏の氏神であり、春日は藤原氏の氏神であることから、この二つを合わせた、この神社は
     複雑な合祀の歴史を持つのでしょうか。

     由緒不明ですが、文政3辰(1820年)9月吉日と記された手水鉢、正徳3癸巳(1713年)春吉日の灯篭があります。

     その昔、平将門(平家の武将)が市川大野に館(やかた)を造営した際に、当地の武将と合戦になり、将門の
     射た火矢がご神木にあたり炎上したとの伝承もあります。

      山門から神殿までの参道は150メートル 両脇にご神灯が左右10基裏参道にも4基あります
  
       
         森閑とした中を、土と樹木の混ざり合ったにおいを感じながら、ザク...ザクと落ち葉を踏んで歩くと
         心身共に爽快になります。

         200〜300年経過の杉や黒松の中にむくの木の巨木が6本あります。そのうち1本は根周り5.5Mあり
         東葛地域で2番目の巨木です。  また、やぶつばきが森を覆い12月頃には一斉に花が咲きます。

       参道は、天気の良い時は手入れの
       行き届いた樹木の間からこもれびが! 
           狛犬に守られた拝殿
   参道沿いを、あちこちそれて森林浴を楽しみながら
   いにしえの雰囲気ただよう拝殿に着きました。

      

           八幡春日神社の森を散策した後に、近くにある(歩いて10分)市民の森によってみました。 地図

              キャンプもできて、バーベキューの設備もあり、多くの市民の方に利用されています。
.
       季節は5月初旬・市民の森の入口で
       花水木の花が迎えてくれました。
         広々としたキャンプ場。
 私が寄ったときは家族でランチパーティー中でした。
       
.
     奥の細道がありました。
     チョットいってみましょうか。
   手入れの行き届いた森の道
        気分爽快♪
    え! こんなとこに神社が
 根頭神社でした。由緒があるんです。

根頭神社は創建の時期は不詳ですが、周辺からは縄文中期の住居跡や土器が出土しており、上古より人が
住みついていたと言われているようです。 道野辺地区の氏神・鎮守の神として古来当地及び周辺住民から
産土(うぶすな)様と尊称崇敬されるお社で、御祭神は根頭之大神(国津神・大地主の神)です。
.

今日は、舗装された道、規格化された街をチョット離れただけで、自然の息吹を体感し、においを吸って
散策でき、気分爽快・充実した時間をすごせました。
.